Author Archives: admin

5G対応スマホの「iQOO Neo6 SE」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンなら、特徴である高速大容量通信や低遅延、同時多接続といったことによって、4Gスマートフォンよりもスムーズにストレスなく使うことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「iQOO Neo6 SE」という5Gスマホがあり、超高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPUや有機ELパネルでコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイ、至近距離からの接写が可能な高性能カメラやバッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約39000円でRAM8GB/256GBモデルが約45000円でRAM12GB/256GBモデルが約49000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約190gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはレインボー、ブルー、オレンジの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.62インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは80Wの急速充電に対応している4700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+モノクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(OriginOS Ocean)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]

5G対応スマホの「Voyage 30 Pro」とは?

“5G通信では動作が遅くなるような高画質動画でも一瞬でダウンロードすることができますので、これまでの4Gスマホよりも快適に楽しむことができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのスマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「Voyage 30 Pro」という5Gスマホがあり、キレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラや高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイ、負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPUや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約34000円でRAM8GB/256GBモデルが約39000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.4ミリ、重さ約215gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーンとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは22.5Wの急速充電に対応している6000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 810 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約4800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、HDR、プロフェッショナルモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MyOS 11.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]

ゲーミングスマホ選びで悩んでいる人にオススメの「ASUS ROG Phone 5」

“ASUS ROG Phone 5は、ゲーミングスマホとして必要とされる機能をすべて持っていると言われるほど、高い評価を得ているゲーミングスマホの1つです。
ASUS ROG Phone 5は、「2021年5月発売」のゲーミングスマホとして有名ですが、最近になってスマートフォン市場が過熱化しているので、少し前に比べてASUS ROG Phone 5など、最新モデルはかなり買いやすくなってきました。実際に、売れ筋のスマートフォンは値下げ競争がすばらしく、ものによっては販売価格より2万円以上も安く購入できるのです。
そんなゲーミングスマホの中でも売れ筋なのがASUS ROG Phone 5です。
ASUS ROG Phone 5は、ゲーミングスマホの中でも「CPU・RAM・冷却システム・リフレッシュレート」に力を入れているスマートフォンで、ASUS自体もマザーボードや周辺機器で高い知名度を誇るため、安心してゲーミングスマホを購入できる強みがあります。
ASUS ROG Phone 5の特徴ですが、ASUS ROG Phone 5は「チップにQualcomm Snapdragon 888 5G」を搭載しているため、CPUの処理性能でありベンチマークスコアに妥協したくない人であれば、中々ASUS ROG Phone 5以上のものは見つからない可能性があります。
しかもASUS ROG Phone 5は、「大容量バッテリー搭載モデルでバッテリー容量が6,000mAh」という、モンスタースペックを誇るゲーミングスマホなのです。ほかにも、ASUS ROG Phone 5の充電ポートはゲームプレイを阻害しないよう工夫されていて、充電ポートが本体側面に搭載されているモデルのため、実際にASUS ROG Phone 5を手に取ってみると、ゲームを楽しむための工夫が随所にもりこまれていることを実感できるでしょう。
ASUS ROG Phone 5の詳細スペックですが、「本体サイズが173mm×77mm×9.9mm、サイズは6.78インチ、重量は約239g、CPUはQualcomm Snapdragon 888、RAMは12GB、ROMは256GB/516GB、バッテリー容量は6,000mAh、ディスプレイの解像度は2,448×1,080」となりますので、ハイエンドモデルのスマートフォンと比較して平均以上の性能となります。
また、ASUS ROG Phone 5の重量は約239gと重いのですが、今ではサイズが6.5インチ以上で重量が200g以上のものが増えています。そのため、ASUS ROG Phone 5はゲーミングスマホとしてそれほど珍しい重さではありません。”

[ Leave a comment ]

独自の機能、性能が評価され続けているスマホ2選

“6インチタイプのスマートフォンと大きめのスマートフォンなのですが、「Sony Xperia 8」は女性からの支持も集めているスマートフォンとしていまだに人気です。
Sony Xperia 8は、価格が「34,800円」となりますので、一般的な格安スマホに比べるとかなり高いです。ですがSony Xperia 8は、「画面サイズが6インチの縦長モデル」となっているため、ワイドディスプレイに興味があるユーザーにとっては、オススメのスマートフォンといえます。
Sony Xperia 8は、「手の小さい女性でも片手で操作できる」のが強みで、しかもSony Xperia 8は、CPUに高性能なものを採用しているのです。そのため、先ほどのような価格設定となっているのですが、ほかにもSony Xperia 8は、当時としては珍しい「光学2倍ズームのカメラを搭載している」モデルです。
Sony Xperia 8の詳細スペックですが、「画面サイズが6インチ、カメラ画素数は1,200万画素、バッテリー容量は2,760mAh、RAMは4GB、ROMは64GB」となっているので、実は、現在出ているゲームアプリなど容量を多く使うゲームアプリはうまく動作しません。
バッテリー容量についても、Sony Xperia 8は3,000mAhもありませんので、あまりバッテリー容量については期待をしないほうがよいでしょう。実際に、格安スマホと評価した場合、今では2万円台で購入できるスマートフォンの中に、「snapdragon6**、RAM4GB、ROM64GB、高リフレッシュレート」のものも出てきたため、現在もSony Xperia 8は高性能か・・・と言われるとそうでもありません。
ですがSony Xperia 8は、「防水機能あり、おサイフケータイ機能あり」となっているので、今のミドルレンジモデルでよくみられる機能はほぼすべて使える優秀なスマートフォンです。
次にオススメしたいスマートフォンが、「SHARP AQUOS sense3 plus」です。
SHARP AQUOS sense3 plusは、価格が「37,980円」となりますので、Xperiaと比較してもお買い得感を感じないスマートフォンです。
ですがSHARP AQUOS sense3 plusは、「暗い場所でも安定した写真撮影を可能としているモデル」のため、写真撮影にこだわりがある人であれば、SHARP AQUOS sense3 plusを選ばれたほうがよいかもしれません。
SHARP AQUOS sense3 plusは、「バッテリー容量が多いモデル」なので、3万円台で購入できるスマートフォンの中ではかなり優秀です。ただし、処理性能などは従来のスマートフォンより大きな変化が見られないため、コストパフォーマンスが高いスマートフォンで処理性能も優秀なモデルを探している人には、SHARP AQUOS sense3 plusをオススメすることができません。
SHARP AQUOS sense3 plusの詳細スペックですが、「画面サイズが6インチ、カメラ画素数は1,220万画素、バッテリー容量は4,000mAh、RAMは6GB、ROMは128GB」とかなりゴージャスなパーツを搭載しています。なので、先ほどのXperiaよりも処理性能がよいものを探している人で、少しお高めのスマートフォンであっても購入してよい・・・という場合は、SHARP AQUOS sense3 plusを選択されて問題ありません。
SHARP AQUOS sense3 plusについても、「防水機能あり、おサイフケータイ機能あり」のため、機能面で劣っているスマートフォンでもないのが、SHARP AQUOS sense3 plusの魅力といえるでしょう。”

[ Leave a comment ]

5G対応スマホの「Micromax IN Note 2」とは?

“5Gを使えば遅延がなくなって混雑も発生しにくくなりますので、8Kなどの超高画質動画やリアルタイム性の高い自動運転なども快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「Micromax IN Note 2」という5Gスマホがあり、バッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーや望遠でも暗所撮影でも美しい写真が撮れる高性能カメラ、省電力性と高い処理能力を実現した高性能CPUや明るいところでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約19000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約205gといった誰でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.43インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio G95 2.05GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、ハイブリッド光学ズーム、スローモーション撮影、HDR、光学式手ぶれ補正、プロフェッショナルモード、ポートレートモード、スーパーナイトモード、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで液冷システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]

5G対応スマホの「HONOR Magic3 Pro」とは?

“5Gを自動車業界に活用することで自動運転を実現させることができますし、遠隔操作で自動車を運転することも可能になります。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機器メーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「HONOR Magic3 Pro」という5Gスマホがあり、タスクを効率的に処理する高性能CPUやどんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラ、バッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーや大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約103000円でRAM12GB/256GBモデルが約108000円でRAM12GB/512GBモデルが約116000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約213gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはゴールド、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2772×1344でアスペクト比7:9の約6.76インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888+ 3.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+モノクロ撮影ができる約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+望遠レンズがついた約6400万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP68)がついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]

5G対応スマホの「ASUS Zenfone 8 Flip」とは?

“5Gでは数多くの機器を同時にネットワーク接続することができますのでlot社会の実現を可能にしてくれます。
その5Gに対応しているスマートフォンは世界中の数多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「ASUS Zenfone 8 Flip」という5Gスマホがあり、薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる電動フリップ式高性能カメラや動きの激しいゲームや動画なども滑らかに再生する高性能CPU、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイやスタミナたっぷりの大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約87000円でRAM8GB/256GBモデルが約99000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.6ミリ、重さ約230gという扱いやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはグレイシアシルバーとギャラクティックブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass6を採用していますのでいつでもどこでも安心して使えますし、リフレッシュレートが90Hzに対応していますので滑らかに楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ZenUI)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]

5G対応スマホの「Smartphone for Snapdragon Insiders」とは?

“4Gスマホと5Gスマホの大きな違いは、通信速度が格段に上がることや同時に接続できる台数が増えること、それに遅延がほぼ無くなるといったことです。
ですので、海外だけではなく日本国内でも5Gスマートフォンを使用する人が増えているのです。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Smartphone for Snapdragon Insiders」という5Gスマホがあり、被写体を自動的に検出して最適な画質に調整してくれる高性能カメラや極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリーやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約16万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約173ミリ、厚さ約9.5ミリ、重さ約210gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブラックが用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2448×1080でアスペクト比20.4:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電やワイヤレス充電、ワイヤレス給電などに対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glassを採用してリフレッシュレートが144Hzに対応していますので、どんなことでも滑らかな映像で楽しめると思います。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが16GB、内蔵ストレージは512GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11背面指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]

5G対応スマホの「vivo Y70t」とは?

“5Gを利用すれば高画質でウェブ会議を行うことができますし、デザリングを使ったパソコンでの高速通信も可能ですのでビジネスシーンでも役立たせることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「vivo Y70t」という5Gスマホがあり、安心して長時間ゲームや動画鑑賞もできる大容量バッテリーや被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラ、迫力と没入感のあるゲームが楽しめる高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約26000円でRAM8GB/128GBモデルが約29000円でRAM8GB/256GBモデルが約34000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約190gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2340×1080でアスペクト比19.5:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはExynos 880 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+約200万画素+約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、HDR、パノラマモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Funtouch OS 10.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]

5G対応スマホの「Zenfone 8」とは?

“5Gスマートフォンは日本国内では3大キャリアやサブブランドなどから数多くの機種が発売されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは国外でも数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Zenfone 8」という5Gスマホがあり、豊富な撮影モードも搭載した高性能カメラや最適な動作スピードを発揮する高性能CPU、大迫力で楽しめる高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心な大容量バッテリーなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約75000円でRAM8GB/256GBモデルが約87000円でRAM12GB/256GBモデルが約95000円でRAM16GB/256GBモデルが約102000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約65ミリ、高さ約148ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約169gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバー、ムーンライトホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約5.9インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイはGorilla Glassを採用してリフレッシュレートが120Hzに対応していますので快適に楽しむことができます。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ASUS ZenUI 8)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾに対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

[ Leave a comment ]