“4月のSIMフリースマホ販売動向、「P20 lite」がシェア30%超え “

“全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、4月のSIMフリースマホの販売台数前年比は102.6%と前年並みで推移しているものの、昨年6月に発売したファーウェイの「HUAWEI P20 lite」の人気はいまだ健在で、同期間のシリーズ別の販売台数シェアが30%を超えました。メーカー別販売台数シェアでも、ファーウェイは4週連続でトップ。第1週に過半数のシェアを獲得、その後はやや下げたのですが40%前後の高いシェアを維持しました。2位のASUSは「ZenFone Max Pro(M2)」の不具合に伴う販売停止の影響で、月初にシェアが失速。中旬以降は、1万円台の格安モデル「ZenFone Live(L1)ZA550KL」やミドルレンジモデル「ZenFone Max(M2)」が健闘し、20%後半まで戻したのです。シリーズ別では、根強い人気を誇るHUAWEI P20 liteが1位を獲得。2位にシャープの防水防じん&おサイフケータイ対応の「AQUOS sense2」、3位にASUSのZenFone Live(L1)ZA550KLがつけました。

[ Leave a comment ]

“Google新スマホ「Pixel 3a」はコスパ最強? 専門家の見解は “

日本時間8日未明、Googleは去年発売した「Pixel 3」の後継機となる新スマホ「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」を発表しました。9万円の「Pixel 3」(5.5型、128GB)に対し、廉価版の後継機は「Pixel 3a」(5.6型、64GB)が4万8600円、「Pixel 3a XL」(6.0型、64GB)が6万円(いずれも税込)。しかし、高機能な暗視撮影カメラなどスペックはほぼ同じで、新たにイヤホンジャックが追加されています。なぜこれほどの値下げに成功したのか。発表会を取材したスマホジャーナリストの石川温氏は「中身より外装に工夫。金属を安価な素材で代用するなどでコストダウンしたのではないか」との見方を示しています。また、Googleの戦略については「高級ブランド化したiPhoneを意識しているのです。『分離プラン』によりスマホの本体価格が高く感じる中、比較的安いといえる」とし、「おサイフケータイに対応していて、日本で使うには魅力的なスマホ」だとしました。必ず押さえたいスマホバッテリーの基本

[ Leave a comment ]

写真を撮るなら「AQUOS sense2」がおすすめ!

AQUOSsense2は、とにかく画質が綺麗なので普段から写真を撮る人にはおすすめです。前モデルであるAQUOSsenseと比較すると、処理機能が20%アップしている他、バッテリーの持ちも30%向上、本体サイズはそのままで画面サイズが23%大きくなっています。また気になる背面カメラの画素数は1200万画素、前面は800万画素でイメージセンサーが大型化して、F値が2.0になったことで薄暗い場所でも撮影ができるようになりました。夜景を綺麗に撮影したい方、夜のおでかけを楽しみたい方、カメラでよく撮影をする方におすすめです。またハイスピードオートフォーカス機能がついているので、お子さんなどの動きのある被写体も速く正確にピンと合わせることができ、撮りたい!と思った瞬間を逃しません。インカメラ背景ぼかし機能も搭載されているので、背景をぼかした雰囲気のある写真を撮ることが出来、インスタグラムなどのSNS映えもばっちりです。

[ Leave a comment ]

折り畳み式スマホは「ニッチ製品であり続ける」

韓国サムスン電子は、今年2月に、同社の折り畳み式スマートフォン「Galaxy Fold」を発表しました。この端末は、折り畳んだ状態で従来のスマートフォンのように使え、広げるとタブレット端末のようにも使えるというものです。中国ファーウェイ(華為技術)も2月、「Mate X」と呼ぶ、折り畳みスマートフォンを発表し、サムスンとファーウェイは、それぞれ今年4月と、今年半ばに、これらのモデルを市場投入する予定です。これについて、米ガートナーは「折り畳み式スマートフォンは、再びイノベーションを起こす可能性がある」としながらも、スマートフォン市場に占める比率はごくわずかなものになると予測しているのですその要因の1つは価格です。サムスンの「Galaxy Fold」は最も安いモデルでも1980ドル(約22万円)、ファーウェイの「Mate X」は2299ユーロ(約2600ドル、約29万円)となるからです。最新技術を盛り込んだ結果、一般的なスマートフォンやタブレットよりも高額になるからです。

[ Leave a comment ]

3Dゲームに最適な「AQUOS zero」

“AQUOS zeroは、使いやすさ、持ちやすさ、質量を重視している人から選ばれているスマートフォンとして有名です。
そのため今では、3Dゲームを長時間プレイする人ほど、AQUOS zeroシリーズを購入されています。AQUOS zeroのスペックで注目されているところは、SHARPがリリースしているハイエンドモデルであり、大容量データストレージのため、ゲームプレイ時であってもサクサク動くところでしょう。
スペック全体としては、本体サイズが154x73x8.8mm、質量が146gとなっているため、手が疲れない最軽量のスマートフォンとなっています。
しかもSoCがSnapdragon 845、OSがAndroid 9(Pie)の最新式となっているため、話題性の高いスマートフォンを探している人にも、AQUOS zeroをオススメすることができます。AQUOS zeroはメモリ(RAM)も素晴らしいのですが、なによりも素晴らしいのは「6インチ以上のスマホなのに世界最軽量」なところです。”必ず押さえたいスマホバッテリーの基本

[ Leave a comment ]

“Android版「Googleアシスタント」の画面での返事がリッチに “

米Googleは4月5日(現地時間)、Android版「Googleアシスタント」のアップデートで、画面でのレスポンスを視覚的に改善したと発表しました。このアップデートで、質問の内容によって、カード状のコンテンツを表示したり、チップ計算ツールやメトロノーム、水準器を表示することができるようになります。これまでGoogleアシスタントのレスポンスに広告が表示されることはなかったのですが、質問の内容によって、関連性の高い広告が表示されるようになりました。メッセージで誰かとチャットしていると、Googleアシスタントが会話の内容に即した情報を表示します。例えば「○○という映画を見に行かない?」と入力すると、Googleアシスタントが会話に割り込んで、映画のタイトルを表示するのです。これをタップすると、情報カードやトレーラーなどを相手に送るかどうかを選択できるようになり(下中央の画面)、いずれかを選択するとそれが画面に表示されるといういことです。

[ Leave a comment ]

「Xperia1」常時4K表示でのバッテリーへの負担

5月末から6月にかけて発売されるという、「Xperia1」だが、その画面はなんと常に4K表示というスマートフォン初の4K OLEDスクリーンの搭載である。最初は一部コンテンツだけ4K表示や、特定の条件下だけだと思われていたが、このことについてあるユーザーがXperiaの公式フォーラムに質問した。それに対して答えたのが、moderatorという人、で公式スタッフではないがソニー側に公式と認定された人が答えているので、全くの嘘というわけでもないだろう。以前からあるXperiaシリーズの4K表示は、一部のコンテンツだけなどして、バッテリの節約をしていた。ただ、今回のは常時なため、バッテリーへの負担が懸念される。一応製作者側もその点には気づいていると思うから、それなりに対策などしてくれると思うので、あまり心配は必要ないかもしれない。しかし、もしされないのだったら私はあまり欲しいとは思わないだろう。

[ Leave a comment ]

スマートフォンの「DINGO V」

拘りぬいた操作性と衝撃に強い強化ガラスを採用し、キッチンなどの水回りでも安心して使用できるスマートフォンが「DINGO V」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとネイビーの2色が用意されており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約139gといった薄型軽量コンパクトサイズになっています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン430オタクコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBです。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイでバッテリーは2600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは独自の画像処理エンジンを採用した約1300万画素のメインカメラと約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンは企画から設計、開発、試験、製造までを日本国内で行っていますので安心して使用することができるでしょう。必ず押さえたいスマホバッテリーの基本

[ Leave a comment ]

スマートフォンの「AQUOS ea」

ディスプレイの美しさが長持ちする強化ガラスを採用し、使いやすいカメラと様々な便利機能で毎日を快適にさせてくれるスマートフォンが「AQUOS ea」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、ピンクの3色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約135gという軽くて扱いやすいサイズになっています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン617オタクコアプロセッサとなっており、メモリはRAMが2GBで内蔵ストレージは16GBです。
OSはアンドロイド7でバッテリーは3010mAh大容量バッテリーが搭載されており、ディスプレイは約5インチIGZO液晶ディスプレイを採用しています。
このようなスマートフォンのカメラは約1310万画素のメインカメラと約500万画素の広角インカメラが搭載されており、初心者でも簡単に綺麗な写真を撮れる「おすすめプラス」機能が付いています。

[ Leave a comment ]

SDメモリーカードの速度

動画撮影やデジカメの連写機能などを使う場合、「転送速度」も重要なポイントになってきます。動画には、撮影したデータを次々とカードに書き込める安定した速度が必要になります。転送速度が遅いと、書き込みが追い付かず録画が途中で止まってしまうなどエラーの原因になります。また、書き込み速度が遅いカードではデジカメの最大連写枚数が少なくなり、再度撮影できるまでのブランクも大きくなります。さらに、転送速度は撮影したデータをパソコンにコピーするまでにかかる時間も左右します。読み込み速度が速いと撮影した写真をパソコンに保存したり、印刷したりする時に時間がかからず快適です。SDカードの性能表記のところのCのような形の中に、2、4、6、10何れかの数字が書かれています。これがスピードクラスです。数字が大きくなるほどデータの転送速度も速くなります。速度が必要な連写撮影や録画には、Class10(1秒あたりの最低読み書き速度が10MB)が必要です。使用機器の最低スピードクラスに関する記載を確認して選びましょう。迷った時には、現在最も一般的なClass10を選べばOKです。UHSスピードクラスはSDHCおよびSDXCカードのために開発された規格です。UHSインターフェース対応の機器で使用すると、読み書き速度が向上し、プロ仕様の超高画質撮影や録画も可能になります。UHSスピードクラスには2種類(UHS-I、UHS-II)の規格があります。IIはIよりもさらに高速です。これらの最低転送速度は、SDカードの性能表記のところのUのような形の中の数字で分かります。

[ Leave a comment ]