Category Archives: 未分類

POCO M3とは?

“今回は、中国メーカーXiaomiのサブブランドPOCOから発売された最新スマホ「POCO M3」についてご紹介したいと思います。最近は日本でもユーザー数が増えているXiaomi、まだサブブランドPOCOは知らない方も多いのですが、この機会に是非候補の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。
POCO M3は、2020年11月28日発売となっています。バッテリー容量が6000mAhと今までにない大型バッテリーを搭載しながらも、本体価格は1万円だという非常に安価なスマートフォンです。これだけ安いとスペックは大丈夫なのか、心配な方も多いかもしれません。最近では、3万円以下で購入できるハイスペックなスマートフォンが続々と登場しているのでPOCO M3には一体どんな機能が備わっているのか詳しくみていきましょう。
まずSOCには、クアルコム製のsnapdragon662を搭載しています。ディスプレイは液晶ディスプレイを採用し、画面上部にはしずく型ノッチを搭載しながらも画面占有率は90パーセント以上とかなり機能も優れています。6.53インチの大画面ディスプレイに映る映像は、一体どのようなものなのか気になる方も多いでしょう。
またカメラは、本体価格1万円台という安さにも関わらず4800万画素のメインカメラと200万画素のマクロカメラに深度センサーが搭載されているので普段使いとして使う分には、十分すぎるレベルです。SNSに頻繁に動画や写真をアップされる方も、メインカメラで4800万画素あれば十分綺麗な撮影ができます。ただし、その他の機能を求める方には少し不便を感じるかもしれませんが、必要最低限の機能は搭載されているので大きな問題はありません。
OSもandroid10をベースにしたMIUI 12を搭載し、メモリーも4GBに64GBのストレージとなっているので普段使いとしては十分です。アプリをダウンロードしたり、写真や動画の保存もできます。
ただ少し残念だなと感じたのは、6000mAhと大型バッテリーを搭載しているのに最大で18Wの急速充電となっているので、少し時間がかかってしまう点がデメリットと言えるでしょう。満了にするためには多少時間がかかってしまうので、その点だけ注意しておく必要があります。その他は、必要十分な機能を備えているのでシンプルなスマートフォンをお探しの方、バッテリー容量を重視して選びたい方、コスパの良いスマホをお探しの方におすすめします。
正式な本体価格に関しては、公式HPでチェックできるので発売日になったら是非チェックしてみてください。安くてバッテリーが長持ちするスマホをお探しの方、この機会にPOCO M3を検討してみてはいかがでしょうか。”

[ Leave a comment ]

スライド式カメラ搭載!OPPO Find Xとは?

“OPPOシリーズの中でも今回は、スライド式ステレスカメラを搭載した「OPPO Find X」をご紹介致します。日本国内だけでなく、世界ではシェア率5位を誇る人気スマートフォンとして注目を集めているOPPOシリーズ、今回はどんなスマートフォンが登場したのか詳しく見ていきましょう。
OPPO Find Xの最大の魅力は、画面占有率の高さです。ベゼルをなくしフロントカメラや各種センサーを限りなく小さくすることで、画面占有率を上げるという手法をとっています。OPPO以外の他社メーカーでは、画面にノッチを採用することで画面占有率を上げるという方法をとっていますがOPPOは全く異なります。それは、スマホ本体内部にカメラを物理的に格納するという手法を用いることで画面全体を遮るものがない、本当の意味でのフルビューディスプレイを実現しています。ただし、カメラで撮影する時にはレンズが飛び出すという仕組みになっているので、実際のところ使い勝手はどうなのか、フルビューディスプレイを実現していることで画面占有率は驚きの93.8%という驚異の数字を叩き出していますが、撮影する際にはどうなのか見ていきたいと思います。
Find Xは、カメラを起動すると端末内部に格納されているカメラ部分が自動でリフトアップするようになっています。ただしレンズ部分だけでなく、カメラ部分全体がモーターで押し上げられる仕組みになっているのでカメラを起動すると、若干音がなります。そしてカメラの起動からカメラUIに切り替わるまでの時間は、わずか0.4秒なので他のスマートフォンとほとんど変わりありません。ただし、生体認証は顔認証のみとなるため、指紋認証は搭載されていないので注意しましょう。顔認証でロックを解除する際は、このカメラがリフトアップされて顔を認識してからのロックになります。0.4秒ほどロックを解除するのに時間がかかってしまうので、急いでいる時は少し不便さを感じることがあるかもしれません。ただ、時間にして0.4秒なのでわずかな差といえばそれほど時間はかかりません。一度慣れてしまえばストレスになることもないので、大きな問題はないと言えるでしょう。ただし人によって感じ方はそれぞれなので、気になる方は一度家電量販店などでチェックしてみてください。
その他については、逆光下でも白飛びや黒飛びすることなく綺麗に撮影することができますし、手持ちでの撮影でもほとんどブレもありません。
SPUにクアルコム製のsnapdragon865 5Gを搭載している点や、8GBのメモリーや256GBの大容量バッテリーを搭載しているあたりもハイエンドモデルらしいです。ただ防水機能やNFC機能には非対応となっているので注意してください。これで本体価格12万円という価格なので、どの点を重視して選ぶか、画面の占有率の高さを選ぶか、リフトアップ式の珍しいデザインを試してみたいかは皆さん次第です。
是非一度、候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。”

[ Leave a comment ]

余裕のスマホ!OPPO Reno3 A

“ワイモバイルからこの夏に発売された、機能もスペックにも余裕のあるスマートフォン「OPPO Reno3 A」をご紹介します。最近では、様々なハイスペックなスマートフォンが展開されているのでどの機種にしたらいいか迷っている方も多いのではないでしょうか。
OPPO Reno3 Aは、超広角レンズに加えて4800万画素の高解像度レンズを搭載してしているので、高画質な撮影を簡単に楽しむことができます。また超広角レンズ搭載なので、海や山など壮大な景色も一枚に綺麗に収めることができます。友人や家族と一緒に大人数での撮影はもちろん、高い建物撮影や奥行のある写真を撮りたい時や、動きのある撮影を楽しみたい時にも重宝します。特に日常的にSNSにアップされる方、綺麗な撮影ができるスマホをお探しの方におすすめです。また「ウルトラナイトモード」搭載なので、手前から遠くまで明るく鮮明な撮影を可能にしています。どうしても、スマートフォンで夜景を撮影しようとすると白光がはしったり、暗くなりやすいのですがOPPO Reno3 Aなら、簡単に明るく撮影することができるので夜景を綺麗に撮る楽しみも増えます。これは、開発に開発を重ねてつくられた4眼カメラ「OPPO Reno3 A」だからこそ可能になったスペックと言えますね。
他にも6.44インチの大画面ながら重さは、約175gと片手でも操作しやすいデザインとなっており長時間スマホを使うことが多い方にもおすすめです。
バッテリーも4025mAh搭載なので、一日中快適に使えます。万が一、充電がなくなってしまっても約30分で45%の充電が可能なので、時間がない時にもさっと充電できるのでとても便利です。出張先などで使うことが多い方も、朝の時間や寝る前の時間を利用してさっと充電することができるので便利ですね。
またおサイフケータイに対応しているので、普段のショッピングはもちろん、電車やバスなどの通勤通学で使う方、乗り物での決済もスムーズになっています。普段からスマホ決済を利用されている方もこれなら安心して使えるのでおすすめです。またおサイフケータイは、利用したことがない、という方もこの機会に是非試してみてください。毎回小銭を出す手間が省けるので、時間短縮にも繋がります。
また普段の生活でも安心して使える防水・防塵機能搭載なので、急な雨の日やふとした水漏れにも強い耐久性を備えているので安心です。災害時など、急な雨が降りスマホが濡れてしまうことがあるかもしれません。そうした場合にも安心して使えること、耐久性に優れたスマートフォンを選びたい方も是非参考にしてください。
指紋認証は、指をディスプレイに置くだけでさっとロックを解除できる画面内ロック式となっています。安全性も高く、安心して使えるスマートフォンとなっています。
ディスプレイはもちろん、スペックも非常に高く安心して使えるスマートフォンとなっています。是非一度、検討してみてはいかがでしょうか。”

[ Leave a comment ]

Galaxy A51 5GはiPhone11Pro Maxに比べて重量が軽く持ち運びしやすいスマホなの?

“Galaxy A51 5GはRAMとROMともに十分な容量を搭載したミッドレンジモデルのスマートフォンです。5Gに対応しているということで、注目されているスマホ機種の1つですよ。十分な容量を積んでいるGalaxy A51 5Gは、普段使いには十分なスペックを装備しており、スペック面での心配はほぼなし。充実したスペックがありながら、低価格を実現しているので、コストパフォーマンスのよいスマホをお探しの方にはぜひおすすめしたい機種と言えるでしょう。
Galaxy A51 5Gの本体サイズは縦159㎜×横74㎜×奥行8.8㎜となっていて、重量は189gです。iPhone11Pro Maxのサイズが縦158㎜×横77.8㎜×奥行8.1㎜になるので、Galaxy A51 5GはiPhone11Pro Maxを少し縦長にしたようなサイズ感とイメージすると分かりやすいでしょう。Galaxy A51 5Gは縦長の端末となっているので、画面サイズに対しての本体サイズが小さくなっていて、大画面かつ持ち運びしやすい端末となっています。
重量に関しては、約189gなので、他のandroidスマホと比べると少し重たいと感じるかもしれません。ただiPhone11Pro Maxの重量は226gなので、iPhoneに比べるとGalaxy A51 5Gは格段に軽く、持ち運びしやすいスマホ機種といえるでしょう。
カメラ機能にこだわりたい!カメラの性能がよいスマホを使いたいという人にも、Galaxy A51 5Gはおすすめです。Galaxy A51 5Gには4つのカメラを搭載。メインカメラは4,000万画素で他に1,200万画素の超広角カメラ、500万画素の深度カメラ、500万画素の接写カメラという構成になっています。4つのカメラを搭載しているスマホって実はあんまりないんです。4つもカメラがついているというのは、Galaxy A51 5Gの強みとも言えるでしょう。
インカメラ用のフロントカメラは3,200万画素のカメラとなっています。カメラに特にこだわりはなく、綺麗な写真が撮れればOKという方はもちろん、綺麗な写真を撮りたいという方でも満足いくカメラ性能といえるでしょう。特にマクロカメラは接写撮影にぴったり。40㎜の至近距離からの撮影でもしっかりと、ピントを合わせて撮影することができます。ペットの表情、朝露、風景、料理など色々な撮影に適していますよ。
バッテリーに関しても充実の内容。Galaxy A51 5Gでは4,500mAhのバッテリーを搭載しているんです。通常スマホでは3,000~3,500mAhのバッテリーが搭載されていることが多いのですが、Galaxy A51 5Gでは4,500mAhとかなりの大容量となっています。これだけの大容量バッテリーであれば、ゲームや動画などでスマホをたくさん使用する人でも充電を気にすることなく、使用できるでしょう。バッテリー容量が多いスマホが欲しい人にぴったりですし、大容量スマホを使用すればモバイルバッテリーを持ち歩かなくてもよくなるので便利ですよ。”Galaxy A51公式サイトはこちら

[ Leave a comment ]

5020mAh搭載!Redmi 9とは?

“中国シャオミのサブブランド、Redmiから最新スマートフォン「Redmi 9」が正式に発表されました。最大の特徴は、5020mAhの大容量バッテリーを搭載していること、さらにメインカメラに加えてマクロレンズを搭載したスマートフォンということで非常に注目を集めています。
チップセットのSOCには、Media Tek製のHelio G80を搭載しています。気になるAnTuTuスコアも、19万点をマークしミドルレンジモデルとしては十分なスペックとなっています。Redmiシリーズをお使いの方は、最新のスマホが気になっているかもしれませんが前モデルであるRedmi 8と比較するとGPU性能が向上したデザインになっているので、更に使いやすくなっています。
ディスプレイは、6.53インチのフルHD+の液晶画面を搭載、ディスプレイ上部にある水滴型のノッチが特徴となっています。ただし今回のRedmi 9は、本体下部にあるベゼルが多少太く感じるかもしれません。動画を見たりゲームをすることが多い方は、少し気になる方もいるかもしれません。ただ画面は非常に明るく綺麗なので、動画視聴や映像を楽しみたい方にとっても問題ありません。
カメラは、1300万画素のメインカメラをはじめとする800万画素の超広角カメラに500万画素のマクロカメラが搭載された、トリプルカメラになっています。5000mAh越えの大容量バッテリーに、マクロカメラが搭載された新スマートフォンということで、これから更に撮影が楽しくなりそうです。マクロカメラを活用すれば、小さな葉っぱや花びらといった小さな世界をより大きく、美しく撮ることができます。スマホでの撮影をもっと楽しみたい方、参考にしてください。
そんなRedmi9の本体カラーは、シンプルで飽きのこないグリーン、パープル、グレイの三色となっています。端末下部には、イヤフォンジャックも搭載されているので安心です。5000mAh以上のバッテリーを搭載していますが、万が一にも便利な18Wの急速充電にも対応しています。外出先ですぐに充電したい時や、朝の時間にささっと充電したい時にも便利です。その他にも指紋認証センサー搭載なので、セキュリティーも万全です。
OSはandroid10を搭載、チップセットにはMedia Tek Helio G80を搭載したスマートフォンです。是非、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。”

[ Leave a comment ]

折り畳み式!Galaxy Z Flipがすごい!

“かつてないほどコンパクトなスマートフォン、と称されている話題の折り畳みスマホ「Galaxy Z Flip」について見ていきたいと思います。折り畳むとポケットやバッグにすっぽり入るコンパクトなサイズ感が魅力の「Galaxy Z Flip」、今までにない全てが新しい折り畳み構造になったデザインはとてもユニークでおしゃれです。
Galaxy Z Flipは、本体背面が見る角度によって色が変わるデザインなので見た目のカラーにもこだわって選びたい方におすすめです。カラーは、目を引く鮮やかなミラーパープルとミラーブラックの二種類となっています。どちらもとてもオシャレなデザインなので、迷ってしまいそうですね。
折りたたんだスマートフォンを広げると、6.7インチのダイナミックディスプレイとなっています。驚くほど美しい色彩表現と、ブルーライトを軽減してくれる目に優しい画面なので安心安全、画面の折り目には境目がないので、映画館にいるような視覚体験をすることができます。いつでもどこにいても最高の映像を楽しめる、これがGalaxyZ Flipの魅力です。
ちなみにガラスなのに折りたためるのは、Galaxy史上初となる織曲がる極薄ガラス、gorillaガラスで作られているからです。美しい映像美と滑らかなフラットスクーンで今までにない最高の映像美をお楽しみください。
また自撮りをしたい時や、スマホを置いて撮影したい時には、このZ Flipを任意の角度で折り曲げた状態でとめるとピタっと止まります。フリーストップ折り畳み構造という新しい構造によって、好きな角度でとめられるようになっています。手にスマホを持たなくても、デスクにおいたままビデオチャットを楽しんだり、自由自在に角度を調整して撮影を楽しむことができます。デザインだけでなく、こうした使い方や撮影においても新しい撮影スタイルをお楽しみください。
また画面を半分にして、使うことができます。上半分はスクリーンを、下半分は操作画面にするといった使い方ができるのでとても便利です。他のアプリを使ってマルチウィンドウにすることもできるので、組み合わせを楽しみながら自分だけのオリジナルの使い方を楽しんでみてください。
本体の重さは約183g、バッテリー容量は3300mAhなので十分な容量と言えるでしょう。また小さいだけでなく、夜景の撮影も綺麗に撮れるので性能も非常に高いスマートフォンだといえます。今までの折り畳みスマホの中でも新しい使い方が楽しめる点や、コンパクトなデザインはとても素敵です。
これから新しいスマホに買い替えを検討している方、今までのスマートフォンとは違う新しい機種を試してみたい方は是非参考にしてみてください。”

[ Leave a comment ]

HONOR 30とは?

“2020年に入り、様々なメーカーの新スマホが発表されています。今回は2020年4月15日に発表された、「HONOR 30」についてご紹介致します。ちなみにHONOR(オナー)は、日本でもお馴染みとなっている中国のスマホメーカーHUAWEIのサブブランドです。HUAWEIといえば「P」「Mate」「Nova」シリーズが主流となっており、最近では誰もが知っているスマホとして人気を集めています。そんなHUAWEIブランドとは別に、HONORというブランドでもスマホなどの製品展開をしているのです。日本ではまだ聞きなれないブランド名だという方も多いのですが、中国やアジアでは毎月のように新機種が発表されるほどメジャーなブランドでもあります。HUAWEIは、ハイスペックなスマートフォンながら低価格で購入できると人気を集めており、今回発表された「HONOR 30」もHUAWEIのサブブランドとして今後、注目されていくでしょう。それでは、実際にどんな機種なのか具体的にスペックやデザインを見ていきたいと思います。
まずは、スマホの心臓部と言われるほど重要なSOCですがこちらは、kirin985を搭載しています。また流行の5G対応ということで、早速試してみたい方も多いのではないでしょうか。最新のkirin985を搭載しているという時点で、スマートフォンの中でも最新のハイエンドスマホであることが分かります。
メモリーは8GB、ストレージは最大256GBとなっているので十分な容量を備えています。ゲームをしたり動画を楽しみたい方はもちろん、気になるアプリをダウンロードしたり、撮影した動画や写真を保存しておくのにも十分な容量となっています。
更に、HONOR 30は6.53インチの有機ELディスプレイを搭載しています。画面の大きさも小さすぎず大きすぎないデザインなので、年齢や性別を問わずどんな方にも使って頂けます。また画面の解像度は、2400×1080FHD+なので鮮やかで美しい色彩と高解像度のディスプレイで躍動感のある映像を楽しめます。スマホで撮影を楽しみたい方はもちろん、動画やゲームを楽しみたい方におすすめです。
カメラは4000万画素のメインカメラに800万画素の超広角レンズと望遠カメラ、200万画素のマクロカメラを搭載した四眼レンズとなっています。最近では、トリプルレンズやクアッドカメラが主流となっているのでこのあたりのデザインは、しっかり抑えていていいですね。
また40Wの急速充電にも対応しているので、忙しい方や時間がない時でもしっかり充電したい方におすすめです。
本体価格は、4万5500円からとなっているのでお試しとして使ってみたい方にもおすすめです。”rakuten

[ Leave a comment ]

Xperia 5 SO-01Mとは?

“Xperia 5 SO-01Mとは、どんなスマホなのか具体的に見ていきたいと思います。Xperia5 SO-01は、前モデルであるXperia1のハイスペックな機能を少し抑え、本体サイズもよりコンパクトになり更に使いやすくなったスマートフォンです。Xperia1は、最新フラグシップモデルと呼ばれるほどその性能は高く、マニアックなスマートフォンというイメージがある方も多いと思います。ハイセンスなゲームをされる方や、高機能なスマホを求める方には必要な機能が揃っているスマホと言えますが、普段使いとして使う分には勿体無い、使いこなせる自信がないという方も多いのが現状です。そういった意味で、Xperia5もっと多くの人が使えるように大衆向けに生まれ変わったデザインになっているので、使いやすいです。
特に生まれ変わった点としては、サイズ感がXperia1よりもコンパクトになっているので、「片手モード」がとても使いやすいです。ちなみに片手モードは、ホームキーをダブルクリックすることで、モードを切り替えられます。調べものをしたり、忙しい時にはこの機能を使うと非常に便利なので、是非試してみてください。
そしてXperia1に引き続いて、Xperia5でも二つのアプリを同時に開ける「マルチウィンドウ」に対応しています。ドラマを楽しみながら、SNSで会話するなんてことも簡単に出来ます。他にもネットショッピングをする際に、似たようなデザインがないか調べたりする時にも便利です。ただし、マルチウィンドウは全てのアプリに対応しているわけではないので、使う時は注意してください。
またXperia5には、ゲーム中にメッセージや通知が届いてもオフに切り替えできる新機能も搭載しています。快適なゲームライフを楽しみたい方におすすめです。
そして最後に、Xperia5 SO-01Mは「スマホおかえしプログラム」の対象機種になっています。本体価格が高くて、購入を諦めているという方は是非お得なキャンペーンを利用してみてください。スマホおかえしプログラムというのは、簡単にいうと契約してから25ヵ月目に、本体をドコモのお店に返すことで残りの支払い金額が免除されるシステムです。この機会に是非、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。コンパクトになって更に持ち運びも便利になった、Xperia5 SO-01Mを試してみてください。”

[ Leave a comment ]

Galaxy A20 SC-02Mはコスパ最強!

2019年冬モデルとして発売された「galaxyA20 SC-02M」、キャッチフレーズは「こんなに優しいスマートフォン、あなたにも、お財布にも」だそうです。キャッチフレーズにもある通り、本体価格は驚きの2万台となっています。今までもGalaxyシリーズは、お得なキャンペーンを多数開催していますが、販売当初から2万円台で販売されるのはこのgalaxyA20 SC-02Mが初めてです。Galaxyシリーズというと、10万円以上のスマホが多く、なかなか手を出せなかったという方も多いと思います。でも2万円ちょっとなら、スマホの買い替えを検討している方や二台持ちの方もお試ししやすいですね。これだけ安くてもバッテリー容量は3000mAhを搭載、防水防塵加工に対応しているので万が一の時にも安心して使えます。その他、おサイフケータイにも対応しているのでスペックとしても、最低限必要なものは揃っています。価格を抑えたい方は、是非検討してみてください。

[ Leave a comment ]

Xiaomi Mi 10はカメラがすごい!

Xiaomi Mi 10のカメラ機能が非常に優れています。5眼レンズの中の3200万画素のセルフィーカメラは、非常に高解像度で毛先やまつ毛、顔の細部のディテールまで細かく再現することができます。また写真を編集した後も鮮明なまま画像を保存することができるので、綺麗な状態を簡単にキープできます。また「blogモード」と「ナイトモード2.0」があるのですが、動画を自由自在に編集したり生活記録用として撮ることもできます。もちろん、お子さんやペットの成長を動画に残しておくことも美しく撮れる5眼レンズのXiaomi Mi 10だからできる機能と言えるでしょう。また夜景を美しく撮りたい方には嬉しい「ナイトモード」は非常に優秀です。夜の街を美しく照らすイルミネーションや細かい建物の輪郭まではっきりくっきり映し出します。夜景モードで撮影しても白光してしまう、といったことがなく撮りたいと思ったものを見たままの形で綺麗に撮れるので、旅行に行かれることが多い方にもおすすめです。

[ Leave a comment ]